社会貢献事業

日本農業の現状と課題

農家の過疎化と低い食糧自給率

人口の3%に満たない農家が日本の食料の大半を支え、かつ農家の高齢化と減少と、40%台にとどまる低い食料自給率、幾多の難問を抱える日本農業。

過疎化

農水省統計によれば,2008(平成20)年の農業総産出額(概算)は8兆5千億円このうち、耕種部門の産出額は5兆8,248億円(農業総産出額に占める構成比68.7%)である。日本の農業就業人口は毎年十数万人ずつ減り続けており平成20年で298万人。このうち約半数の140万人を70歳以上の高齢者が占め、20年後を担う39歳以下は35万人にとどまるとの事です。

食糧自給率

表を見ても分かるように、日本は食料自給率が極端に低く、近年では、異常気象による農作物の収穫量の減少で、各国が輸出禁止を発表したり、近年の円高による輸出の制限など もはや、食糧危機は発展途上国の問題だけではなくなってきています。1961年以降日本は、自給自足率が年々低下し続けており、1980年代には、主要先進国中では最低の50~40%という食料自給率のさらなる低下、後継者不足、耕作放棄地の増加、農家人口の長期減少、日本人の米離れ・日本食離れ、グローバル化に伴う輸入農産物の増加による競争力低下、といった深刻な現状が浮かび上がってきています。

<環境保全>

農業が果たす役割は、食の供給ばかりではなく景観がもたらす癒し効果、水源の涵養など環境保全も担っています。温暖湿潤で急峻な地形の日本では、土壌流出や洪水といった災害の危険があることから、どこにでも田畑をというわけにはいきません。そこで、災害防止のため斜面に小規模ながら貯水機能を持つダムを築く必要があり、こうしたダム機能を備える農地が水田なのです。このように,水田は日本では農地であるとともに、国土保全の手段でもあり,その価値は年間約8兆円とも試算されています。

日本文化の継承

日本の祭りの多くは農耕儀礼でもある事は、良く知られています。これを失うことは、遠く律令より以前の昔から積み上げてきた日本文化の脆弱化を招く事となり、日本の原風景が軽んじられ、やがては消失の危機にもつながってゆく事となります。日本固有の文化を失くすということは、日本の良き伝統の消滅を意味するものであります。また、農業の過疎化が進むことにより、先祖代々、継承されてきた日本特有の農耕技術、農耕知識を失うことにもなり、また、長年にわたり肥やしてきた栄養価の高い土地の減少により、地球の恵みを十分に吸収した野菜や果物の栽培ができなくなる状況を招く可能性も考えられます。

たべて実ん菜販売サイト

食べて実ん菜販売サイト

安心安全な有機栽培・無農薬栽培・減農薬栽培野菜はインターネットを用いて販売しています。ぜひ一度、「たべて実ん菜」の販売サイトをご覧くださいませ。>>たべて実ん菜販売サイト